Crousing 
ふ  ね  の  紹   − Super Virgo


2009年 1月          

 スーパーヴァーゴは13階建てで、7階に10階まで吹き抜けになったメインホールがあり、ここで船長主催のパーティーなどが行われる。
 船首側にレセプションカウンター、船尾側にエレベーターがあり、エレベーターは4階から13階まで通じている。

 4階:医務室と乗務員用の部屋
 5階:丸窓の客室
 6階:丸窓の客室、レストラン
 7階:メインホール、レストラン、劇場(船尾)、カジノ(船首)
 8階:レストラン、店、映画上映室、角窓の客室
 9階:バルコニー付客室、スイート客室
 10階:バルコニー付客室、スイート客室、子供一時預かり所と遊び場(プール付)
 11階:バルコニー付客室、船長室
 12階:レストラン、ラウンジ、ジム、ヘアサロン、図書室、プール
 13階:レストラン、バスケットコート

 客室は、バルコニー付よりも丸窓、角窓のほうが安い。また、5階から11階まで(7階除く)に内側の海の見えない客室があり、ここが最も安い。

 劇場では毎晩、ヨーロッパ人俳優と広東省雑技団の混成チームによるミュージカルや、体操の元ヨーロッパ選手権優勝選手や世界選手権優勝選手と中国雑技団によるマッスルミュージカルなどが行われており、客席はいつもほぼ満員。このほか、たとえばレストランでは寿司作りのデモンストレーション、ラウンジでは家族参加型ゲーム、ジムやコートではエアロビやバスケなど、1日中さまざまなアトラクションが行われている。夜中はディスコパーティーもやっているし、公海上ならカジノもある。


メインホール

 左がメインホールのエレベーター、右は全景



 吹き抜け:左は8階にある店


 船長主催のパーティーのようす




デッキ

 人がいないとその大きさがわかる



 上に吊るされたボートは救命ボートで、タイタニック号の事件のあと、必ず乗客全員が乗れる数だけボートを備えるよう船舶法で定められたらしい。


ラウンジ

 左は昼間のラウンジのようす。
 右は夜、家族参加型のアトラクションが開かれているときのようす。行くと結構座席が満席のことも多く、みなよく参加している。参加者を募ってもインド人や白人がノリノリで参加していた。



 左はラウンジの船首部分。右は船長室で、ラウンジから降りて見学ができる。




屋上

 12階のプールとヘリポート。
 なぜかプールにつかっているのはインド系男性ばかりで、白人はプールサイドのチェアで本を読んだりしていた。中国人など東洋系はプール付近にあまりいない。



 13階のレーダーと船首




船尾ほか

 左:11階船尾甲板から。下に見えるのは子供用プール
 右:7階のデッキの船首部分。7階のデッキは一周できるが、船首部分のみ外が見られない。




客室

 船内の廊下とバルコニー付の客室内部




小型ボートと給油

 シンガポール港での乗船下船はメインホールのある7階から行うが、クルーズ途中で寄港する場合は、客船は沖に停泊して4階から小型ボートに乗って港にアクセスする。

 左の写真奥に見えるのがスーパーヴァーゴ、救命ボートや港の小型船をタグボートにして港に上陸した(ペナン島にて)。下船時と乗船時のチェックはIDカードを必ず2回づつチェックしており、部外者を入れないようにしていた。

 右は停泊時に荷揚げまたは給油しているようす




スーパーヴァーゴ

 左奥の大型船がスーパーヴァーゴ(シンガポール港にて)
 右の水平線に浮かぶ船がスーパーヴァーゴ(プーケット島にて)




マラッカ海峡の朝日




カジノ

 残念ながら写真撮影禁止のため、中のようすを写真で示せないが、中国系が圧倒的に多い。白人やインド人はちらほらまじる程度。
 日本人は一見してわからなかったが、ツアーに参加した人たちと話していると、みな結構興味があるようで見に行ったと言う人も多かった。スロットマシン程度ならやっている人もいた。
 マージャン室もあり、ツアーの後半知り合って仲良くなってくると、「なんだ、あなたもマージャンできたのか、なら行けばよかったね」とお互い話していた。



スタークルーズ社船の資料 (船内船長室裏資料室の掲示板による)

SuperStar Virgo
  製作年  1999.8.3  製作所 Mayer Werft Papenburg Germany
  航海開始 1999
  船籍   パナマ
  総トン数 75.338 GT   ネットトン数 45.235 GT
  部屋数  902 (based on lower berth) (乗員船室 396 乗客船室 982)
  乗船可能人数 1804 (based on lower berth)
    (短期航海 乗客 3044 乗員 1196 合計4240
     長期航海 乗客 2475 乗員 1125 合計3600)
  全長   268.29 m(LOA)    LPP 235.6 m
  高さ   27 m
  Beam moulded 32.2 m     Beam max 36.8 m


SuperStar Aquaius
  製作年  1993(元NCL)
  航海開始 2007
  船籍   バハマ
  トン数  51.039 GT
  部屋数  765
  乗船可能人数 1529
  全長   229.84 m
  高さ   28.5 m
SuperStar Libra
  製作年  1988(元NCL)
  航海開始 2005
  船籍   バハマ
  トン数  42.276 GT
  部屋数  732
  乗船可能人数 1472
  全長   216.4 m
  高さ   28.4 m
SuperStar Gemini
  製作年  1992
  航海開始 1995
  船籍   パナマ
  トン数  19.093 GT
  部屋数  400
  乗船可能人数 800
  全長   164 m
  高さ   23 m
Star Pisces
  製作年  1990
  航海開始 1994
  船籍   パナマ
  トン数  40.053 GT
  部屋数  692
  乗船可能人数 1168
  全長   177 m
  高さ   29 m
MegaStar Aries
  製作年  1991
  航海開始 1995
  船籍   パナマ
  トン数  3.341 GT
  部屋数  33
  乗船可能人数 66
  全長   85.46 m
  高さ   14 m
MegaStar Taurus
  製作年  1989
  航海開始 1994
  船籍   パナマ
  トン数  3.341 GT
  部屋数  33
  乗船可能人数 66
  全長   85.26 m
  高さ   14 m
Wasa Queen
  製作年  1975
  航海開始 2001
  船籍   パナマ
  トン数  16.546 GT
  部屋数  201
  乗船可能人数 402
  全長   155.2 m
  高さ   22 m


スーパーヴァーゴ一週間の消費量 (船内船長室裏資料室の掲示板による)

砂糖     1,500kg
コーヒー粉  200kg
卵      35,000個
きゅうり   400kg
ジャガイモ  3,000kg
米      4,000kg
牛肉     3,000kg
豚      1,500kg
羊      80kg
鶏肉     5,000kg
魚      2,000kg
海老     1,000kg
豆      400kg
スイカ    4,000kg
蜂蜜     2,000kg
パパイヤ   1,000kg
オレンジ      3,000kg
トイレットペーパー 10,000ロール
ビール       400カートン
牛乳        3,000lt
小麦粉       2,000kg
水         20,000本
麺         1,000kg

シンガポール   ペナン島   プーケット島

飛鳥II      東地中海(プレチオーサ)





 | モンゴル | チベット | ラダック | 東北インド | 中国 | 1999北京 | ミャンマー | 台湾の廟 | 韓国 | 
 | 台湾2009 | マザーテレサ | シッキム | ハワイ | タイ | クルーズ | アメリカ | ドイツ | 小笠原 | 四国へんろ | 国内 |  |
震災 | 雑穀栽培 | 林業 | 里山 | 就農 | 銭湯記 | 時事/創作 | ミャンマー歌手 |  北京放送 | リンク | 

ホーム