Crousing 
プ  ー  ケ  ッ  ト   − Super Virgo


2009年 1月          

 プーケットは2004年年末のスマトラ沖大地震で西海岸に大きな被害を受けた。あれから4年、今回パトン・ビーチへ行ったが、最高7メートルの波が押し寄せたというこの町の建物などに津波の跡は見られない。
 しかしゴルフで何度も訪島しているという日本人の話では、今でも幽霊が出ると言われている建物があり、つい1ヶ月前も慰霊祭が行われたという。

 4年前の津波と、昨年秋以降の政局の不安定さ(バンコクの国際空港封鎖など)で観光客が減っており、観光に頼る地元は困っていると言っていた。(昨年1月にタイのチェンマイとバンコクに行った際も同じことを言っていた。タイ旅行についてはこちら。)


プーケット



 パトン・ビーチの朝



 プーケットの犬



 ビーチで売っていた魚




プーケット・タウン

 プーケット・タウンはプーケットの行政の中心地で、ペナンより規模は小さいがコロニアル風の建築物も残る。
 島の東にあるプーケット・タウンと西にある各ビーチの間はバス路線で結ばれており、便利だ。プーケットでは観光の時間が1日あったため、バスでプーケット・タウンまで行ってみた。

 ロビンソン・デパートの裏にある市場



 左は市場前の道、右は福元宮。時計台のあるロータリー脇にある。



 街の中心のバンガ通り、タラン通りあたりにコロニアル風の建物が残る。





 左:鳥かご。街中でよく見かけた。北京でも鳥自慢の人々をよく見かけたが、中国人だろうか?(北京旅行についてはこちら
 右:中国人の家の戸口に祀られた天宮の神棚。ペナンにも同じものがあった。福建華僑の信仰なのだろう。




バス

 プーケット・タウンのバス乗り場はRanong通りにある。
 プーケット・タウンとパトン・ビーチの終点のパトン・メルリン・ホテルの間は、約50分ほどかかった。料金は25Rs(2009年1月時点)。
 そこそこ乗客が集まると出発し、途中次々乗ってくるので立つ人も多く、かなり混んでいた。特に帰りの13時頃にプーケット・タウンからパトン・ビーチへ行く便はラッシュアワー状態だった。
 写真はバスの車内のようす。



 車窓からの風景。右はプーケット・カントリー・クラブ(ゴルフ場)。この裏にBang Watダムがある。



 プーケット・タウンと西海岸の間には結構高い山があり、峠越えになる。



 左は峠道の南側のようすで、奥に見える山はもっとも高いところで530メートルある。プーケットの最高峰で、高尾山より若干低い。
 右はパトン・ビーチを見下ろす。



 ところで、この峠越えの手前のバス停で、白人女性が手をあげたが、バスはすでに満員だったため通り過ぎた。峠越えの坂道の始まる箇所でバスは一時停止し、乗客からバス代の徴収を始めたが、このとき、なんと先ほどの白人女性が追いついてきてものすごい剣幕で
「あなたがドライバーか!」と徴収しているタイ人の若者に向かって怒鳴った。
 その青年は車掌だったため、首をふると、
「ドライバーは誰だ!さっき私が手を上げたのに通り過ぎたじゃないか!なぜ通り過ぎたのか!」と怒鳴っている。
 車掌は英語がわからないようす、周りが「フル、フル」と言い、満員だと言っている。
 この時、座席に座っていたタイ人の若い女の子が席を詰めて
「マダム」と声をかけ、隣をたたいた。白人女性は腰を下ろしてやっと一息つく。
 しかしこの30度を越える暑さの中、走ってきたのだろうか?それとも歩いて峠を越えるつもりでいたら、たまたま追いついたのか。とにかくその執念はすごい。

 また、車内にはあきらかにタイ人の若者(おそらく未成年)を腰に手を回してペットのように連れた白人男性がいた。若者は腰に手を回されると声をあげて笑ったり、白人男性のサングラスを取ってかけてみたり甘えていた。


パトン・ビーチ

 カラフルなビーチ・パラソルが並ぶ海岸。海では水上バイクやパラセイリングをする人も。



 右は奈良美智作のプーケット・ドッグ。スマトラ沖大地震の津波被災後、タイ政府の依頼で作成寄贈したもの。



 海岸沿いのメイン・ストリートに並ぶ屋台と、メイン・ストリートのようす。右の写真に津波の際の逃げ道が看板に示されている。この看板はあちこちで見かけた。



 プーケット名物のカニ(クラブ)料理、魚のつみれと(パイナップルご飯(Savoyにて)



 メルリン・ホテル裏の祠(左)、メイン・ストリートの北側にあるマーケット。結構インド系がやっている店があった。



 パトン・ビーチの山沿いのほうは、現在開発中で、工事中の建物が多い。



 あちこちにクリスマスの飾りつけがまだ残っていた。




シンガポール   船の紹介   ペナン島

飛鳥II      東地中海(プレチオーサ)





 | モンゴル | チベット | ラダック | 東北インド | 中国 | 1999北京 | ミャンマー | 台湾の廟 | 韓国 | 
 | 台湾2009 | マザーテレサ | シッキム | ハワイ | タイ | クルーズ | アメリカ | ドイツ | 小笠原 | 四国へんろ | 国内 |  |
震災 | 雑穀栽培 | 林業 | 里山 | 就農 | 銭湯記 | 時事/創作 | ミャンマー歌手 |  北京放送 | リンク | 

ホーム