ミャンマー旅行記(2000年)

information

シーアルの旅の部屋


ホーム


目次


旅行記

モンゴル
チベット
ラダック
東北インド
北京
ミャンマー
台湾
韓国
マザーテレサ
シッキム
ハワイ
タイ
クルーズ
アメリカ国立公園
ドイツ

国内旅行
島旅行
徒歩旅行



農業

雑穀栽培
群馬編
栃木編
茨城編
就農者訪問


林業

林業/里山



音楽


ミャンマーの
アイドル

中国
韓国
台湾


 

2月20日(日) 

ピー

 朝、ホテルのそばでまたまたナカライメドー神の入った祠を見つけた。

写真を撮っていると、家の人が出てきて祠の鍵を開けてくれた。

何か説明してくれるが、ビルマ語はわからないし向こうも英語がわからないので、結局よくわからない。

 朝食後、バプテスト派の教会の礼拝に出る人と、町を散策する人と別れて行動。(詳しくはこちら*D

 10:45 ピー出発。

ここから道路が格段に良くなった。舗装幅が広がり、でこぼこや工事中も減る。

 田圃が続くようになり、屋根もサトウキビ葺きか藁葺き。チーク材の植林も多くなる。

それに伴い、チーク葉葺きを見かけるようになった。竹を割った棒に、竹ひごで編んで留めており、小屋やお店に多い。

チーク葉を運ぶ人々

田圃は二期作が多く青々としており、一期作のところは野焼きのあとを多く見かけた。

パゴダお姉さんも村ごとに立ち、音楽が賑やか(昨日のタウンジー以降はパゴダお姉さん地帯だった可能性も高いが、暗くて見なかった)。

一行のクリスチャンの人たちは、
「子どもを学校に行かせてないんじゃないか」
と批判的だった。
バガンでも
「仏教はひどいことするねえ、ああいうもの建てるために、山を丸裸にしちゃうんだからねえ」
と、パゴダ建設のレンガ造りのためにおそらく周囲の森林が伐採され、一面不毛地帯になったことを言っていたので、ユーコさんが少々気分を害していた。

キリスト教もイスラム教も、布教のために血を流しているので、まあお互い人のことは言えない。

  11:30 村を見に行くために横道にそれる。

急にがたがた道になり、脇道の両脇の田圃も、一枚が小さく、形もいびつな1坪田圃状態の田が多くなった。

逆に、幹線道路沿いは広い区画が整然と並んでいたことに気づかされ(長方形に近い区画が多く、形がきれいでない場合も一枚が広い)、何だかの形で耕地整理的なものがなされているような気もする。

村のパゴダ(上写真)を見たり、チーク葉葺きの屋根を間近で見たりして、本道へ戻る。

チーク葉を頭に載せて運ぶお姉さん達や、菊を馬車に積んで運ぶ農民がいた。

都市に近づくにつれ花卉栽培もさかんなようだ。

町中や国道沿いの街でも、切り花や鉢物がよく売られている。

  12:20 Inmmaで昼食。

  1:20 出発。

田の裏作にピーナツやひまわりを見かける。線路と平行に走るようになるが、列車は滅多に見ない。

  3:00 緑の水田が一面に広がる中、小島のように森が浮かびその中に村のある光景になる。

道路は村を貫いて南へ下り、例によって森にはたいていパゴダお姉さんがいる。この頃には、ユーコさんも私も寄付額が5〜10チャットに落ちていた。他の車も小銭を投げていた。

 昨日の道とは大違いで、ピー以降は車も人も多い。歩行者、自転車、牛車、サイカーが頻繁に通る。

次第、周囲にキャベツ畑が多くなり、ちょうど収穫中で大型トラックに山積にしている。ビルマの千葉、茨城、といった感じだ。

裏作にひまわり、トウモロコシ、菊を栽培している地帯では、やはり乾燥しているのか、あぜを行く牛車がもうもうと土埃をあげていた。

家の屋根には藁葺きが多い。



  3:30 道路の右手にState Agriculture Institute Tharawadyの看板がある。

Thonzeの街のすぐ北で、シェ氏のいとこがここの所長の奥さんだということで、おじゃまする。バナナと西瓜をごちそうになりつつ、話を聞く。

農場のスタッフは80人、奥に農学校があり、300人の学生がいる。高卒後3年学び、卒業後は政府のスタッフになる、と言っていた。

このあと、学校を見学。農園では野菜類他、ひまわり、菊を栽培していた。

菊は日本同様、まっすぐに育てるために網を張っている。

ボカシも作っている。

奥に3、4階建ての学校があり、さまざまな品種の観葉植物を集めた温室もあった。

農家の庭先にも、この温室にあるような里芋に似た観賞用の植物、エンポリウムなどが植わっているのをよく見かけるし、この手の植物の需要は結構あるようだ。

スタッフと学生ら十人くらいが一緒に回ってくれた。皆人なつこい。



  4:00 出発。この日も途中何回か給油した。

  5:15 大きな料金所を通過し、もうヤンゴンだ。

右手にジェルサレム村を通過し、6時に市内に到着。ヤンゴンには大きな木や森が多い。

 ホテル近くの中華料理屋、Swelで夕食。



目次)     (BACK)     (NEXT

Last updated:07/02/03 .  First uploaded:01/12/03 .  ©1999-2010 XIER, a division of xial. All rights reserved.