ド  イ  ツ  旅  行  3

ベルリン−ポツダム

2016年春の記録

 ベルリン、ポツダムは、ハンブルグからやや南に下がったドイツ北東部に位置する。旧東独の地。

 添乗員さんの話では、ドイツの大学はほぼ無料で、かかったとしても年10万ほど。2011年まで徴兵制度があり、行きたくない人は6ヶ月の奉仕活動として病院などで働いた。現在は徴兵制がなくなり、病院などでは人手不足になったため、移民やイタリア・スペインなど経済状況の悪い国からの留学生を使うようになった。
 一方、ドイツの税金は高い。年収500万なら所得税消費税で100万、健保年金雇用保険その他で100万とられ、教会税もある。配偶者控除が有利なので、税金逃れで無宗教となり結婚する若者が多いという。

 前半回ったライプティヒや北ドイツはもともと観光客がそう多いところではないが、ベルリンは普段はもっといるはず、それが今回全然日本人に会わなかった、バスも見なかった、と添乗員さんが嘆いていた。やはりイスラムテロの影響でフランスベルギーだけでなく、ヨーロッパ全体に対して日本人が旅行を手控えるムードがあるようだった。ただ後半、南ドイツのローテンブルグやノイスバンシュタイン城、ケルンなどを回ると、さすがに日本人や中国人のツアー客を見かけるようになった。




ベルリン
 ベルリンは旧東独だが、一部離れ小島のように西独領の土地があった。地続きでないので、冷戦時代は空から物資を空輸、情報が遮断され閉鎖的な東欧内における西側のショーウィンドーの役割を果たしていた。デビッド・ボウイの西ベルリンでの公演を、東独の若者たちが壁際に集まって聴いた話は有名。プロイセンによるドイツ帝国、ワイマール共和国、東ドイツ、そして現在ドイツの首都(西ドイツの首都はボンだった)。
 このベルリン、ポツダムのページで書いている内容は、在独日本人ガイドさんの解説によるものも多い。歴史やドイツの習慣に詳しい良いガイド氏だった。
 ベルリンで泊まったホテル  なかなかモダンな内装







 電車(左上)と市電(右上)   左下:町の通り
 右下:ベンツのアリーナ この向かいにベルリンの壁がある



上:かつて東西ドイツを隔てたベルリンの壁
1961年8/13、一夜にして壁が築かれ、1989年11/9、突如穴があけられ崩壊した。

左上が有名な東独とソ連の首脳が会ったときのようすを写真から模した絵
これらの壁画は保存対象になっている

左:トラビ(東独製の車の愛称、性能はいまいち)

下:博物館島にある旧博物館の建物







 ベルリンもドイツの他の都市同様、第二次世界大戦の空襲で焼けた
 左上:ベルリン大聖堂 東独時代に再建された
 右上:かつて博物館島にあった宮殿を、旧博物館の向かい(ベルリン大聖堂の左手)に再建しているところ。2019年に完成予定
 右下:フリードリヒ大王像





 左上:ナチス時代の建物 空襲に焼け残り、現在は財務省になっている
 右上:戦前のアンハルト駅 長距離列車の終着駅だった。空襲で焼け残った状態をそのまま残してある



 上:ポツダム広場    左下:路面に残るベルリンの壁の跡
 東側から西側へ脱北ならぬ脱東する人が跡を絶たなかったため、壁が築かれた
 南北朝鮮統一を願う韓国の人たちが建てた亭





 左上:ナチスによるユダヤ人ホロコースト犠牲者を慰霊する一画。10年前、ドイツ政府が委託しユダヤ系アメリカ人が作った。お墓ではないので、名前は彫られていない
 右上:ブランデンブルグ門   左下:門の西側
 右下:ブランデンブルグ門そばに堂々と建てられたソ連の対独戦勝記念碑 戦車まで並んでいる。ある日本人の歴史学者が、これは東京のど真ん中にアメリカによる対日戦争戦勝記念碑があるようなものだ、ベルリンを訪れる日本人はぜひ見ておくべきだ、と書いていた建造物(『永続敗戦論』)
 なお、東西ドイツ統一前は、西側にも米英軍が駐留していた。統一後、外国の軍隊は撤退した。



左:ドイツ帝国の戦勝記念塔(デンマーク戦争、普墺戦争、
普仏戦争での勝利を記念)
下:国会議事堂




ポツダム

 ポツダムは千年を越える古い町で、旧東独側にあった。西ベルリンとの境界に橋が架かっていたが、このクリニケ橋はかつてスパイ交換で使用された。

 下:ポツダム会談が開かれたツェツィーリエンホーフ宮殿 ドイツ帝国最後の宮殿で、イギリスチューダー朝農家風の外観をしている。1918年革命が起こりホーエンツォレルン家はオランダに亡命、その後皇太子一家が戻り住んでいたが、第二次大戦時今度は南ドイツへ逃げ(英軍の捕虜となる)その後空家になっていた。そこをポツダム会談で使った。その後ソ連が庁舎として使っていたが、東西ドイツ統一後、ソ連軍も撤退した。
 右下の花壇の赤い星はソ連時代の名残(今でもわざわざ残してある)  なお、内部は撮影有料なので絵葉書を購入



 ポツダム会談ではヨーロッパの戦後処理、ドイツの民主化、軍事裁判について話し合われ、日本に関することはここでは話し合われてはいない。ただこのとき、トルーマンは原爆実験の結果から、ソ連の援助なしに日本を負かすことができるとわかった。
 宮殿はあくまで会談の場で、各国首脳は別の宿舎に住みそこから通っていた。トルーマンの宣言は宿舎のほうから出ている。
下:宮殿の周囲は湖と森と住宅街。下のようなきれいな住宅街にはかつてKGBが住み、一般ドイツ人は立ち入り禁止だった。今はみな帰国し、元の持ち主(ドイツ人)が住んでいる。






 上下:サンスーシ宮殿 フリードリヒ大王の夏の宮殿。ローマの遺跡をまねて作ったという。ただ、行ったとき、ちょうど雨脚が強くなり、あまり外でのんびりできなかった。
 左下:借景のように遠くの宮殿が見える
 右下:大王と犬の墓が並ぶところに、じゃがいもが供えられていた





 見ていると、ポケットからじゃがいもを出し、新たにお供えするドイツ人若者らの姿。フリードリヒ大王がじゃがいも栽培を奨励したのだという(飢饉対策だろう。新大陸のじゃがいもはヨーロッパの人口を養った)。
 大王は遺言で犬と一緒に宮殿に埋めてくれと言い残し亡くなった。子供がいなかったため甥が継いだが、遺言を守らず町中に埋めた。その後第二次世界大戦末期、空襲がひどくなったのでヒットラーが大王の遺体を南ドイツに移す。その後冷戦時代を経て冷戦後にやっと、遺言どおり宮殿に埋められた。犬は待っていた。大王の墓の逆側にも二匹の犬の墓があるが、これは噛んだことがある犬なので分けられた。
 下:宮殿の南斜面にはぶどうの木が植えられ(右下:段差の壁に這わせてある)、夏は緑に飾られる。温室にはいちじくの木。



 この宮殿もホーエンツォレルン家のものだったが、オランダに亡命したため子孫に所有権なし、と州政府が管理している。

アンペルマン 旧東ドイツのおみやげとして、アンペルマンのグッズがある。道路の歩行者用青信号や赤信号についている人型が、旧東独では青が歩いている男の子(男性?)、赤が止まっている女の子だった。これが可愛いということで、キャラクターデザインとなり、小物やバッグ、マグカップ、シャツなどに使われ売られている。
 ちょうどベルリンのホテルに公式ショップがあったので、友人用にいくつか買った。たいていの人は「へーえ」という感じだったが、一人「あ、これアンペルマンだ!嬉しい!これ可愛いよねー」と激しく喜んでくれた人がいた。後日会った際、あのとき喜んでいたけど、よく知っていたね、と言うと「姉がドイツが好きでよく旅行に行っておみやげにくれたの。だから知っている」、そしてそのお土産、今使っているよ、と首から下げていた小物入れというかポーチというか、を取り出した(上着を着ていたので見えなかった)。そして一緒にいた人にもアンペルマンの説明をしながら、「ちょうどお札も入るし使いやすいのよね。中にもしっかりこのキャラクターがついてるの」と内張りにもアンペルマンの模様がついているのを見せてくれた。そこまでチェックせず何となく買っただけだったので、逆にこちらがびっくり、「へーえ」という感じ。ドイツ好きには知られているデザイングッズのようだ。


ケムニッツへの道

 左下:ペンシルのような密植された松林 間伐してない感じ   右下:雨上がりの虹





 上:牧草地の井戸(と思う)
 左下:南へ下がるにつれ、起伏が出てきた。森と牧草地の境がくっきりしているのが美しい
 右下:奥に見えるのは刈り取り前の春小麦と思われる





 左上:カラシ(菜の花)畑
 今野菜の値がよくなく、牧草を生やしてビニールサイレージにする農家が増えている、農家経営も大変で兼業が増えているという。
 今はまだ冬(初春)なので仕事がないため、昼間畑に人がいるのをあまり見ない。夏でも早朝か夕方しか作業しないことが多く、人影は少ないという。





カッセル | ハンブルグ | ベルリン | ドレスデン | ローテンブルク | ノイスバンシュタイン城
ライン川川下り | ケルン | 狩猟小屋




 | モンゴル | チベット | ラダック | 東北インド | 中国 | 1999北京 | ミャンマー | 台湾の廟 | 韓国 | 
 | 台湾2009 | マザーテレサ | シッキム | ハワイ | タイ | クルーズ | アメリカ | ドイツ | 小笠原 | 四国へんろ | 国内 |  |
震災 | 雑穀栽培 | 林業 | 里山 | 就農 | 銭湯記 | 時事/創作 | ミャンマー歌手 |  北京放送 | リンク | 

ホーム    What's New