アメリカ  西部  国立公園  5

アンテロープキャニオン  ザイオン国立公園

 2015年春、アメリカ西部国立公園廻りツアーをハイウェイからの景色も交えて紹介する記録5日目


目次:  サンフランシスコ|ルート99|マリポサ
     ヨセミテ国立公園|ルート58|ルート40|ルート66|ルート64
     グランドキャニオン|ツサヤン|ルート64,89,160
     モニュメントバレー|アンテロープキャニオン|ルート89
     ザイオン国立公園|ルート9/ルート15
     ラスベガス|ルート15|キャリコ|ルート58/ルート99

  イエローストーン編:マンモステラス キャニオン・レイクカントリー ガイザーベイスン
              トレイルとボーズマン
  グランドティートン編:グランドティートン
  アメリカ東部編: ハイアニス | ボストン



ペイジ

 ペイジには、さまざまな宗派の教会の集まる教会通りがある。ペイジにもナバホ族が30%ほど住んでいる。
 宿はグレンキャニオンダムの先、パウエル湖(ダム湖)沿いの感じのいいホテルだった。



 右上:パウエル湖の夜明け   左下:同じくパウエル湖  左上と右下はホテルの様子





 右上:ペイジ郊外

 日本円を両替しようとホテルのカウンターに行くと、受付の白人女性はできないと言いつつ、日本の一万円札が珍しかったようで、「It's cool」と言いながら手にとってしげしげと見ていた。
 ペイジ近郊のスーパーマーケットに寄った時も、店員が一万円札に目を留め、見せてくれと言う。東南アジアや南アジアなら断るが、悪い感じはなく単に興味津々、という感じだったので出すと写真に撮っていた。これで米ドルでいくら?と聞くので120円換算で80ドルくらい、と答えるとへえー、という。日本人が来ないとは思えないし、そんなに日本円が珍しいのだろうか?みな両替などはとっくに別のところでやっているか、そもそもカード社会なのでキャッシュそのものをあまり見ないとか(しかしスーパーで現金払いは普通のようだった)。アメリカお登りさんなのでよくわからない。


アンテロープキャニオン

 アンテロープはカモシカの意、アンテロープキャニオンは鉄砲水でえぐられてできた峡谷。背丈以上の水が来ることがあり、ガイド氏曰く、今まで15年ガイドをしてきて、雨で入れなかったことが1度だけあるという。雨が降ると危険とのこと。
 左下:キャニオン入り口の駐車場。地元アメリカ人観光客含め、みなペイジからのジープツアーで来ている。   右下:アンテロープキャニオン入り口



 以下アンテロープキャニオン内の写真(左下はまだ入り口部分) 基本洞窟だが、ところどころ上に穴があき、そこから入る光で岩の造形美を楽しむところ














 峡谷終了

 帰りは車の入れる入り口まで来た道を戻る




ザイオンへの道(ルート89)



 上:途中寄ったペイジ市内の大型スーパーマーケット
 下:グレンキャニオンダム 日本でもダム湖でもよく見かける資料館があった ダムは高さ200mくらいあるらしい





 ダムを過ぎるとすぐユタ州に入り、ルート89を西へ進む。昨日までと同じキャベツ畑のようなクレオソートの原野が続く。



 しかし、原野に見えてもしっかり柵が立ち、遠くには人家や(左上)道も(右下)ある
 遠くにテーブルマウンテンのような山が見える





 下:カナブの町 ここで昼食 西部劇映画で有名な町とのこと
 右下はカナブ町中にあったトレーラーハウスの並ぶ一角



左下:木の電信柱
右下:町のようす 店も住宅も平屋ばかりだが、土地も広いのでわざわざ二階屋にする必要もないのだろう





 カナブを出てしばらくすると、木が多くなってきた。ねずの木とジェフリー松が多い。ジェフリー松は3−7年ごとに実をつけるという。
 左下:マウントカーメルジャンクションのトレーディングポスト ここから州道9に入る






 左上:どこへ続く道だろう?

 左:(写真歪んでますが)牧場がある
 このあたりは牧畜がさかん

 この先数分で岩山が見えてきて、
 もうザイオン国立公園だ



ザイオン国立公園

 ザイオンはシオン(聖書にある神の国)の英語読み。バージン川の浸食によってできた渓谷で水が多く、巨大な岩山を除けば、雰囲気は日本の何とか渓谷に似ている。







 東からザイオン国立公園に入ると、長いトンネルを抜けたところに、東西にのびる峡谷を見渡せるポイントがある。
 そのキャニオンオーバールックから見た光景: 左上:西側  右上:北側  左下:東側 中央下:東南側
         右下:南側 南側は州道9のトンネルが通る山で、トンネルに開けられた窓が見える
 左上写真の北へ向かう峡谷の奥がザイオン中心部





 左上:西方向  右上:西北方向
 アンテロープ同様、このあたりの砂岩と砂は基本的に赤い。岩山を見るとさまざまな色があるが、白い岩はナバホサンドと呼ばれ、赤の鉄分が抜けた白い砂岩で珍しいという。黒はマンガン。





 キャニオンジャンクションから北へ少し進むと、ザイオンロッジに到着(上)。大きなポプラの木があった(右上)。
 ここから無料の連結バスが南北へ向かって出ている。峡谷内は日本よりも平坦だからできることだろうが、本格的クライマーにもお年寄り子供、体力ない人にも楽しめるつくりになっている。



 ビッグベンドのバス停(右上)で下りた南側に、エンジェルスランディングという岩山がある(右下、1765m)。クライマーが好んで登る岩で、このときも数組登っていた。標高差450mくらいで山が大きいので豆粒のように見える。ロッククライミングだと通常は頂上まで数日かかる。歩いてゆける道もある。
 左下写真の奥がグレートホワイトスローン2056m。1枚岩の山。





 上:ウィーピングロック。白糸の滝のようなところ。ザイオンは水が豊富(ただし川の水は飲めない)。
 右下:ウィーピングロックへの遊歩道






サンフランシスコ | ヨセミテ | グランドキャニオン | モニュメトバレー | アンテロープ/ザイオン | ラスベガス/キャリコ




 | モンゴル | チベット | ラダック | 東北インド | 中国 | 1999北京 | ミャンマー | 台湾の廟 | 韓国 | 
 | 台湾2009 | マザーテレサ | シッキム | ハワイ | タイ | クルーズ | アメリカ | ドイツ | 小笠原 | 四国へんろ | 国内 |  |
震災 | 雑穀栽培 | 林業 | 里山 | 就農 | 銭湯記 | 時事/創作 | ミャンマー歌手 |  北京放送 | リンク | 

ホーム    What's New