東 地 中 海 ク ル ー ズ
ベ ネ チ ア

2014年 4月

 東地中海クルーズ旅行最終日。ドブロヴニクからクロアチア、スロベニア沿岸を進みアドリア海最奥のベネチアへ。


ベネチア入港

 左下:海中に浅瀬が見える   右下:船の航行箇所を示す杭が連続していた
 基本的に水深はかなり浅い感じだ。浚渫して大型船の航行を可能にしているのでは、と思われる。ただ、今後ベネチアでは4万トンを超えるクルーズ船の通船数制限、9.6万トン越え大型船のジュデッカ運河の通航禁止などが計画されているという。この問題は後述する。




 数多くチビ船が行き交う運河






 8時半入港予定だったが、
 大幅に遅れ9時半頃になった。

 大型船の着く港から中心部までは
 水上タクシーで移動(下)





サンマルコ広場

上:ちょうど大学の卒業式とのことで椅子を並べていた
右:ヨーロッパ最古のカフェという新行政館前のカフェ。楽団が演奏しており、コーヒー一杯銀座値段プラス演奏チャージがつくそう。ガイドさんの話では、向かい側のカフェでも、いつも競うように音楽を演奏しているとのこと。






この日は卒業式のため人出が異常に多かった
(左上写真の右が修復中のサンマルコ寺院)

翌朝行ってみるとこんな感じで空いていた



サンマルコ寺院




 教会なので中は撮影していない。翌朝、イースター前の特別ミサがありパレードもあるというので行ってみた。





 手に手に棕櫚の葉を持った人たちが歌いながら歩いている。
 歌は賛美歌というより哀調を帯びたイタリア民謡のよう。

 高齢の司祭もいる。成田山の断食道場で朝の勤行に参加した時、高齢の貫首を信者らが手をあわせて送っていた光景を思い出す。

 みな歌いながら教会の中に入ってゆく(左)。
 「棕櫚の日曜日」と言うらしい。プロテスタントの教会に通っていたがこうした慣習は無い。日本のカトリックはどうなのだろう?(日本の)カトリック教会に初めて行ったとき、聖書も賛美歌も見慣れたプロテスタントのものとはまったく違うので驚いた記憶がある(今では共同訳の聖書がある)。



ドゥカーレ宮殿

 共和国だったベネチア総督の住居兼執務室。内部は撮影不可の部屋がほとんどだが、装飾過多のいかにもヨーロッパのお城。
 ここにあるのはレプリカ、本物はナポレオンが持っていってしまいルーブル美術館にあるという絵画があった。大英博物館やループルについては、ギリシャトルコエジプトはじめアフリカ中東などの国々が本国に返せと要求しているケースがあるが、中近東アジアアフリカだけでなく、同じヨーロッパ内でも持っていっていたのか、と新たな発見気分。おそらくその時代は戦勝側の当然の行為で、財宝はさまざまな人の手の間を行ったり来たりしていたのだろう。
 また、時計で通常の12時間表示形式だけでなく、同じ円盤型で24時間表示の時計、12星座(つまり1年)表示の時計などもあるのが興味深い。



左上:左がドゥカーレ宮殿西側(鐘楼の先あたりから) 左の塔が聖マルコの象徴翼のあるライオン、右の塔がかつての町の守護神聖テオドロス(詳しくはガイドブックなどによく載っていますが)
右上:海岸沿いから:左がドゥカーレ宮殿南側

左と下は、黄金階段(ここは撮影してもよいらしく、みな撮っていた)
総督だの身分の高い人が通る
下りで一般人用の階段を通ったが、装飾のない普通の廊下


囚人はこの窓の景色をながめ、ため息をついたというが・・・(左下)   右下は撮影可の部屋のシャンデリア





上は中庭あたりだったと思う(うろ覚え)

左:ためいき橋
ガイドによれば、実際には窃盗などすぐに出てこられる罪人がこの橋を渡ったので、ためいきをつくようなことはなかったのだが、詩人バイロンが感性からこのネーミングを付け、いかにもなので広まったのだという。

 サンマルコ広場からこのあたり、中国人台湾人観光客が多い。北京語だけでなく福建語など南方系中文を話す一団や、タイ語などやや浅黒いアジア系顔立ちもいる。


 なお、宮殿の入場券でサンマルコ広場西側のコレール博物館にも入ることができる。2階はベネチアの歴史や生活を解説した部屋から誰某コレクションのギリシャその他遺跡の出土品までかなりの量の展示物がある。
 特に前半のシシー(皇妃エリザベート)関連の展示や、ベネチアの富の元となったコイン鋳造機などベネチアの歴史関連に興味深いものが多い。
 シシーは1861年秋から7ヶ月、ベネチアのこの王宮に滞在したそうでジョヴァンニ・ロッシが内装を手がけた。洗面室、食堂、謁見の間、書斎、寝室などが見学できる。シシーは今も人気が高いようで、ヨーロッパ系観光客らはみな各国語の説明板を手にとり熱心に読んでいた。
 出発前の1時間しかなかったので時間が足りず、3階の絵画室まで回れなかった。実は3階にも傑作イタリア絵画が多いとのことで、コレクションのギリシャ彫刻あたりで時間を費やさずに3階に直行すべきだったと反省している。時間があったら、せっかくなので寄ってみることをお勧めする。


鐘楼

 サンマルコ広場にある高さ96.8mの鐘撞き堂。昼間は混んでいる。ガイドさんによれは5時以降のほうがすいているとの話なので、夕方登ってみた。
 列に並んでいると、ツアーの集合時間まで1時間しかない、という日本人夫婦に「どのくらいかかりますかね?」と聞かれた。このときは中の様子がわからなかったので、1時間あれば大丈夫そうだが確実なことはわからない、と答えた。夫婦はやはり心配だからとあきらめたが、その後中に入るとすぐエレベーターで中の行列は大したことないとわかった。外の行列人数で判断してOKだ。
 エレベーターホールでレンタルの各国語版イヤホンガイドが用意されていたが、中国語以外すべてヨーロッパ言語。しかも店の”中文”表示は何かの上に新たに貼られている。おそらく以前は”日本語”だったのが差し替えられたと思われる。



左上:西:サンマルコ広場 あちこち回っているうちに卒業式は終了したようだ(ずいぶん短時間で終了だ、来賓の長々挨拶はないらしい)。その後街中のあちこちで、花束抱えた学生を大勢の友人家族親戚らが囲み歌いながら歩いてくる一団に出会った。
右上:南:サンジョルジョマッジョーレ島
下:南東:ちょうどプレチオーサが再び出港してゆくところだった。数時間の滞在で再びギリシャトルコクロアチアのクルーズに向かうとは忙しい。この時期、地中海は荒れないのだろう(でないと予約を取り付けられない。台風爆弾低気圧で欠航するようなところでは、過密スケジュールのクルーズ就航は無理)




上:東:ドゥカーレ宮殿とその先   左下:北東:サンマルコ寺院   右下:北方向





上:西方向の家並み

左:南西のラグーナ(干潟)

 塔の最上階には巨大な鐘がある。ここで鳴ったらどうしようと思うほど大きい。でもこの日は鳴らなかったので、今は使われていないのかと思った。
 翌日、ミサの行列を見ていると、突如鐘が鳴り響き始めた。今でも現役なのた。おそらく鐘を鳴らすときは観光客を上へあげないのだろう。




ベネチア町歩き

下:サンマルコ広場近くの海沿いのカフェ   右下:サンマルコ広場西にあるブランド通り



 ブランド通りでブラックアフリカ系黒人たちが偽ブランド品を堂々と(つまり店の前で)売っていた。どういう人がターゲットなのか、日本人中国人あたりかと見ていると、金髪のヨーロッパ系おばさん二人連れが話しかけ品物を見ている。言葉からロシア語?という感じだ。
 夕方再び歩いていると、黒人たちが突然バタバタと品物をズタ袋に突っ込み始めた。そして足早に横丁に入ってゆく。そろそろ店じまいの時間かと思いながら、たまたま目的のレストランが同じ横丁先にあったのでこちらも横丁へ向かう。するといかにも映画に出てきそうな制服姿の警官二人(でっぷりしたおじさんと細身の若い女性)がやって来て、横丁の先を伺っている。不審に思いつつ横丁に入りしばらく行くと、建物の影に先の黒人たちが潜んでいた。そうか、手入れか、とやっと気づいた。おそらく携帯からの連絡で早めに隠れたのだろう。振り返ると警官らはまだ見ているが、それ以上踏み込まない。観光客が大勢いる中での大捕り物を自重しているのか、何か暗黙の馴れ合いルールでもあるのだろうか。

左:海岸沿いの騎馬像 武田信玄などの騎馬銅像にそっくりだが、まあ明治の日本がこの手の像をまねたわけで

下:リアルト橋




リアルト橋から魚市場方向へ  右上:西洋風景絵画にいかにもありそうな景色  左下:ちょっと豪華なゴンドラ
右下:この先に魚市場があるのだが、夕方だったのでもう終わっていた




適当に路地をうろつきます  左上:サンジャコモ・リアルト教会(町一番古いとの話もある)





左上:おそらく奥の塔がベニスの斜塔
右上:海岸沿いから海洋史博物館脇を入る
右下:造船所前の木の橋






まだまだうろつきます  右下:藤がさかんに咲いていた 藤はバーリ、ギリシャでもよく見かけた。日本より1ヶ月ほど気候が早い感じ





右上:水害よけで敷居を高く上げている店や家をときどき見かけた
左下:運河の船着場



 ウォールストリートジャーナルのサイトによれば、ベネチアへの大型クルーズ船の乗り入れについては、地元からの批判の声も多いらしい。燃料油その他による汚染、”古代生物マストドン”のような大型船による波が建物基礎に与えるダメージや小型船に与える脅威などが批判されている。
 さらに、町の住民も巨大船にストレスを感じるという。「クルーズ船は恐ろしい。クルーズ船のデッキからサンマルコ広場を眺めるのは素晴らしいだろうが、大きすぎるのが問題だ」という声も載っている。
 近年、クルーズ船モナリザ号が霧のためサンマルコ広場近くの浅瀬に乗り上げ座礁した。さらにトスカーナ沖で30人前後死亡したコスタコンコルディア号の座礁事故も起きた。同様の事故が巨大船で起こるのではと心配する声がある。
 一方、観光業界はクルーズ船を歓迎している。船のおかげでベネチアを通過した観光客は(筆者注:訪問でない、訪れる観光客は年間約2000万といわれる)2000年の34万人から180万人に急増、”ベネチアは商人の町”、船が来なくなれば景気も悪くなるという。
 現在、別ルートについて検討が始まっているが、新ターミナル建設や新航路浚渫には莫大な費用がかかると予想される。

 以上、ざっくりまとめてみたが、確かに東京湾横浜港なら周囲は工業地帯などだが、海岸すれすれまで住宅街のベネチアの場合、巨大な船からしょっちゅう見下ろされるのは気分のよいものではないかもしれない。運河の太鼓橋から手を振る人も見たが、ストレスを感じている人もいるのだろう。小船の航行も多く、住民の足でもあるだろうから、規制は必要になってくる。



 初めてヨーロッパに行ったが、もっと圧倒されるなど何かあるかと思ったが、割と普通だった。TVその他で見慣れて、既視感が強いのかもしれない。年齢的にももう、体験することがすべて新鮮で驚きに満ちている、ということがなくなったのかもしれない。また個人旅行なら、自分で計画し目的地にたどりつくまでいろいろすったもんだあるので印象も強く残るが、今回は知人のお供で楽な団体旅行だったということもあるだろう。
 白人だらけの社会も、そういえばカルカッタ(現コルカタ)のマザーテレサの施設ボランティアで既に経験済みだったなあと思い出した(基本的にインド社会だが、当時長期滞在ボラの定宿だったYWCAでの生活は白人社会と言ってよかった)。

 基本的にヨーロッパはインフラがしっかりしているので(イタリア式などと言われても)、旅行しやすい気がする。ドブロヴニク、ベネチア、アルベロベッロなど、確かにきれいな町で、ヨーロッパの大方がそうだろうと予想する。
 それもあって、ヨーロッパは年取ってパワーがなくなってからでも行かれるかな、と感じる(つまり、冒険的要素はない)。

 船旅体験や、イタリアギリシャトルコクロアチアの旅そのものは楽しかった。ただ、船のせいではなくクルーズそのものについて感じたことなのだが、個人的には1週間も乗るとやはり飽きると思った。
 今までのクルーズ旅行は短期だったので、船に乗ること自体が新鮮で面白い段階で終わっていたが、長期で乗ると結構暇だ(いろいろアクティビティはあるが)。寄港地についても下船から乗船まで時間が限られるので観光も半日程度、ちょっと勿体ない。一方、あき時間も朝夕半端に余る感じで、潰しかたが難しい。
 船に乗りっぱなしなので楽といえば非常に楽、年配者ならば、荷物を引きずらずに各国を効率よく回れるクルーズ旅行は、体力的にもよいだろう。ただ今はまだ、自分で計画をたて個人でめいっぱい回るほうが楽しそうだと感じる。

 船に乗っている人たちは、中流の常識的で感じのいい人たちが多かった。ベネチア出港のとき、サンマルコ広場だのを見ようとみなデッキに群がるが、結構順番に場所を譲り合う。私も自分は背丈があるので背の低いフランス婆さんに前を譲ると、しばらくして隣の若いイタリア人の女の子が前に手招きして入れてくれようとする。このへん、けっこう我勝ちなアジア(特に東アジア)とちょっと異なる。
 大混雑のバイキング食堂でも、ちょうど空いた二人席に知人と着こうとするのと、隣の大勢子供を連れたアメリカ人大家族の父親が空いた席の椅子を寄せようとするのが同時だった(立って食べている子もいたのだ)。そこでよそを探そうとすると、いかにも気の良さそうなでっぷり太ったアメリカ母さん(まだ若い)が「いいわよいいわよ、座って」と言う。父親も笑顔で椅子をあきらめ、そのうち「下でアイスクリーム食べに行こう」と子供らを連れてゆく。
 食べ終わる頃、席がみつからずとぼとぼ歩くドイツ人爺さん婆さんが脇を通り過ぎていった。もう食べ終わるので、すぐあくからちょっと待ってと声をかけようとアタフタしていると、その様子に気づいた先のアメリカ母さんが「Sir!」と老夫婦に声をかけた。そして子供らも去り空きのあった大テーブルに二人を招き、自分たちももう終わるからと窓側に座らせ、とっ散らかっているテーブルを片付け始め、私たちのほうににっこりしてみせた。知人も「いかにも気のいいアメリカ人、て感じね」と笑っていた。

 「船の紹介」ページで書いた、騒ぐ子供を見ない件で興味深いケースを目にした。夕食のとき、隣のテーブルで小さい(4,5歳?)の女の子がホウレンソウを食べたがらず、イヤイヤしていた。その様子が表情豊かで、顔をしかめてみせたり、わざとらしくほかの食べ物を手にとってみせたり、ありとあらゆる表現を駆使して自分の意思を伝えている。そして感心なのは母親や父親が、その様子に首を振って見せたりしかめ面をしてみせたり、きちんと反応しているのだ。おそらく日本の多くの親は、子供のこうしたしぐさに、かえって「何で言うこと聞かないの!」と切れたり「ちゃんと食べなさい!」と頭ごなしに押し付けたり、無視する反応が多いと思う。丁寧に反応する心の余裕がないとでもいうか。日本の子供が泣き喚くのは、無視されるからでは、とこのとき感じた。仕草や言葉のコミュニケーションがとれないから泣き喚いて主張している。
 これに関連してもう一つ同様のケースを見た。クルーズの乗船など長時間待たされるとき、エスカレーターに興味をもった子供がやたら乗りたがった。すると母親がついて一緒に何度も何度も乗る。子供はまだまだ乗りたがり、階段を下りてゆく。すると今度は父親が付き添って満足行くまで一緒に乗っていた。なんということはないが、こういう小さいことの積み重ねなのかもしれない、とふと思った。もちろん、欧米社会でも幼児虐待親族による性的虐待の話もよくあるし崩壊家庭問題家庭も多いと思うが。

そういえば:
 インドに数ヶ月滞在したり、インドのお盆のような民族大移動期間にあたるホーリーの時期にシッキムを旅行した際、超満員の電車やバスに乗ったことが何度かある。このときも、子供や乳幼児連れの家族をよく見たが、泣き声やだだをこねる声を聞かなかった。特に赤ん坊が泣かないのが不思議で、印象的なできごとがあった。シッキム旅行編でも書いたが、座席に二重に座る(人の膝の上に人)状況の混雑列車に家族連れが無理やり乗り込んできたとき、「赤ちゃんを守れ!」と大人たちが次々空中で赤ん坊を手渡ししてゆき、通路上に毛布ハンモックを吊るし中にいる男性が、母親が落ち着くまで赤ん坊をあやしていた。赤ん坊は人馴れした様子でニコニコと、あちこちきょろきょろしていた。この後一晩中赤ん坊や幼子らはぐずったり泣くことがなかった。このとき、インドの子供は大家族で人馴れしている、おそらく躾の問題もある(古い社会のほうが子供がきちんとしている−ex.ナガランドの小学校に寄ったとき、30人クラスどころかそれこそ6,70人いそうなぎゅう詰めの教室なのに、誰も立ち歩いたり騒ぐ子供がおらず感心した。おそらく戦前や終戦直後の日本の青空教室の子供らも、こういう感じだったろうと思う。学級崩壊は人数ではなく別要素が原因と感じる)、そしてアーリアンの子供は東アジア系に比べあまり泣かないのでは、という気がした。インド在住の日本人研究者一家も「日本の家族、て楽しくないね。会話がないもの」と言い、インドにいるとその違いを強く感じる、インドの子供をあやすと2歳とは思えない表現力で反応するのに日本の子供は元気がない、とも言っていた(マザーテレサ編より)。

 プレチオーサはカジュアル船なので、大金持ちは乗ってこない(ヨットクラブは別)。ドレスコードがフォーマルな日も、そう大それたカクテルドレスなどはほぼ見なかった。でも家族でクルーズを楽しめるくらいの余裕はある、いわゆる中流層の人たちだ。世界中でこの階層が一番まっとうな気がする。大金持ちでないから権力はもっていない。みな地道に働いている。一方貧困にあえぎ衣食住に困るわけでもない。いま、世界中で中流層が減り続け、一握りの超大金持ちと大多数の貧困層に二極分解しつつあるという。民主主義を支えているのは中流層だと思うので、これは問題だ。極端に二極分解したら、また昔のような身分制社会、帝政や独裁制に移行してゆくだろう不安がある。


 ところでベネチアでの食事はどこもおいしかった。薦められたりガイドブックに載っているような店ならたいていはずれない。ベネチアあたりなら、ぶらついても面白いかもしれない。おそらくギリシャトルコクロアチアも、イタリアの他の都市も、歩けば面白いだろう。





船の紹介 | アルペロペッロ | オリンピア | エフェソス | イスタンブール | 航海日 | ドブロヴニク | ベネチア

スーパーヴァーゴ   飛鳥II  おまけ:小笠原  奄美




 | モンゴル | チベット | ラダック | 東北インド | 中国 | 1999北京 | ミャンマー | 台湾の廟 | 韓国 | 
 | 台湾2009 | マザーテレサ | シッキム | ハワイ | タイ | クルーズ | アメリカ | ドイツ | 小笠原 | 四国へんろ | 国内 |  |
震災 | 雑穀栽培 | 林業 | 就農 | 銭湯記 | 時事/創作 | ミャンマー歌手 |  北京放送 | リンク | 

ホーム    What's New