東 京 里 山 尾 根 歩 き 9
(日  の  出)


 奥多摩の御岳山から日の出山を通って多摩川に出る尾根がある。さらに梅ヶ谷峠、二ツ塚峠を経て羽村に続く尾根もある。標高は日の出山902m、三室山647m、梅ヶ谷峠の先で最高400m前後、二ツ塚峠の先で最高程度300m程度。

 ちなみに御岳山はオイヌサマ、狼を祀る山。同じく狼を祀る山は、ほかにも三峰山権現山などがある。

目次: 御岳山−日の出山−二ツ塚峠  二ツ塚峠−満地峠  三ツ沢  通矢尾根
  勝峰山から深沢尾根  日の出山北尾根



御岳山−日の出山−二ツ塚峠

2010.5
 御岳山から東へ尾根道を下る
 御岳山 標高929m  日の出山 902m  三室山 647m  梅園近辺 200m
 左下:御岳山から見た日の出山(右寄りの三角の山)




右上など:御岳は御師の家が多い(宿坊になっている) 左上:神代けやき




左上:ある旅館の垣根に
五日市、八王子、横浜を経て欧米方向、とあった

左:山上の畑





  日の出山頂上 見晴らしが素晴らしい







左上:梅野木峠付近
この下の三ツ沢につるつる温泉がある

右上:三室山頂上

左:巌ノ金毘羅神社
商売繁盛の神様で猫の置物が供えられていた

神社を下ればもうすぐ梅園(梅の公園)




枝打ちのまったくされていない檜林(左上) 雪害で曲がった木(右上)
手入れが間に合わない人工林も多い

 

  車道の新しい梅ヶ谷峠(左上)から馬引沢峠方向へぬける
  尾根も里山の道  標高300mから400mほど
  下は民家脇のわかりにくい入り口付近





 左は旧梅ヶ谷峠付近

 下:丘上に開けた平坦地

  今はススキが原になっているが、
  白山神社の祠がある

  かつては畑などがあったのでは、と思われる







 左:天狗岩
  突き出た岩場で先は崖になっている
  足元に注意








 下:赤ぼっこ
  ガイドブックでは見通しがよくないとあったが
  2010年現在、樹木は切り払われており絶景が楽しめる






  左:旧道沿いの馬頭観音    右:馬引沢峠  かつて馬で荷を運んでいた
  このフェンスの向こう、南斜面に巨大な廃棄物処理施設があるためT字路になっており、南北の峠越えはできない。

 滝山城址近辺や町田などの里山を抜ける坂の途中に土建関連の施設をよく見かける。資材置き場のようだが、ゴミ捨て場や産廃処理場のようになっているところもある。丘が小さいので規模も小さいが気になる。

 坂は何か不思議な感じのするところ
 生活に必要だが日陰者的扱いのものがひっそりと存在する

 左:旧二ツ塚峠

   昔麓に貧しい母娘がおり
   不治の病に罹った母が
   この山に生きたまま埋めてくれと頼み
   母思いの娘も一緒に埋められたと
   由来書きにある



二ツ塚峠−満地峠

2010.5 2010.11
旧二ツ塚峠で、道は青梅に下りる北の尾根と、秋川街道を横切り尾根伝いに満地峠へ抜ける尾根に分かれる


左上:  秋川街道の(新)二ツ塚峠から東のハイキングコースに入ったところ。この少し先で菅生をはさみ、満地峠へ向かう北尾根と霊園へ向かう南尾根に分かれていた。
右上:  大荷田川沿いの道。この南(右手)の丘陵が満地峠へ抜ける道


 左上:大荷田川から尾根道へ入る口(上り口は尾根の両側あちこちにある)
 右上:尾根に出るあたり


上:満地峠への尾根道
満地峠はこの先の鞍部にある。馬引沢峠同様、南斜面に何か施設があるため、T字路状態で鞍部からは南北の峠越えができない。が、西の尾根に登ると、そこから菅生に下りる道があった(左下)。
右下は、小作からへ馬引沢峠に登る道

尾根道はフェンス沿いに羽村へと続く。警察関連の施設のようで、立ち入り禁止の文言の物騒さでハイカーに有名らしい。




上:南尾根の道   右は道脇で見かけた雪害木
南の尾道根は、しばらく行くと二股に分かれている。最初右手を行くと、廃棄物処分場脇で行き止りだった。

南尾根を行くと、やがて北側に金網フェンスが延々続くようになり「危険」だの「立ち入り禁止」だの札がうるさいほどかかっている。会社の敷地らしいが正直うざいし不愉快。

やがて西多摩霊園に出た(写真左)

1980年代、5万分の一地図に載る道を頼りに、この2つの尾根を歩いたことがある。当時は里山保全の考えはまだ一般的でなく、地元の人も「今はヤマに入らなくなったから道はもうないよ」と言う。とりあえず昔登り口だったところから入るが、道はなく倒木の下から数メートルもある青大将が出てきた。藪の中なんとか登りきり、尾根に出るが尾根も荒れ放題、朽ち果てたあずまやが立っていた。藪の中を菅生側に下りると、谷の車道を通る車から子連れの地元民が驚いた様子で顔をのぞかせ「どこへ行くんだ、送ってゆこうか」と声をかけてくれた。当時里山は荒れていたが、村の様子は今以上にひなびて雰囲気はよかった。

霊園から南の平井へ下りるコースと、北の菅生側に下りる林道に分かれるが、ハイキングコースは平井方面らしい。前回時間切れで満地トンネルの南から下りたため、北尾根の続きを歩こうと、林道を下った。

菅生に下り滝山街道に出て、
満地トンネルの南から尾根道に登る

左:浅間岳(だったと思う)
尾根道はこの先で多摩川へ下る

左下:多摩川べりに再現された羽村の堰「牛枠」(治水技術「川倉」の一つだという)

右下:12月の第三日曜日、多摩川の河川敷で旧正月左義長の準備をしていた。
都内で竹や萱などの材料を地元で準備できるのはもう羽村くらいだ、と現地の人が自慢していた。
子供たちも大勢参加しており、毎年この規模で行っているという。





三ツ沢  2010.12

 つるつる温泉のある三ツ沢と梅ヶ谷峠を通る青梅日の出線の間にも峠道がある。地図によれば、肝要あたりから二ツ塚峠の北へ山道が抜けているので行ってみた。
左下は秋川街道から三ツ沢方向へ入ったあたり   右下:肝要への道



左:街道へ抜ける峠道のようす。細い道だが荒れてはいない。尾根に出ると林道が通っていた。

林道の東側に青梅日の出線へ下る道がある。見失うほどではないものの、かなり荒れていた。倒木が多く雑草も茂り蔓が絡まり、とても歩きにくい。

さらに、水分の多いところに大きな手のひら状の足跡がくっきり残っていたので、鈴を鳴らしつつ大急ぎで下りた。このため、下り側の写真を撮り損ねてしまった。

林業作業で檜原や日の出、あきるのの山に入る知人は「熊はいる。目撃情報は多い。でもそう頭数は多くなくて、同じ個体があちこちうろついている感じだ」と言っていた。

左下:水口付近
右下:秋川街道沿い玉の内あたりにて





通矢尾根  2013年1月上旬      写真なし

コース記録:武蔵五日市駅12:10−白山神社下12:30−12:45白山神社12:50−351ピーク13:00−馬坂峠13:15−14:05林道横切り14:10−肝要峠14:25−三室山15:05−奥の院15:15−二俣尾駅16:05

 『多摩の低山』(守屋龍男著 けやき出版)によれば、1980年代通矢尾根を歩いたとある。2010年肝要峠越えをしたとき、尾根沿いに林道が通っているのを見て、林道整備で尾根は分断されもう歩けないのでは、と思っていたが、何となく気になって行ってみることにした。同本によれば、尾根の名称は平将門が向かいの勝峰山から矢を放ったらこの尾根まで届いたという伝説による。

 バスが行ったばかりなので神社まで歩く。秋川街道から神社への登り坂に入る。山道に入った奥の斜面にも家が数軒建つ。車がないと大変そう。
 白山神社で参拝、山歩きの安全その他お願いして、奥に続く尾根道を歩き出す。すぐに祠のある351ピークに到着、祠は木の小屋に囲われ、なるほど箒やちりとりが掛かっておりこぎれいだ。周囲は植林地で道は祠の右手奥に続いている。細い道だが明瞭、見失うことはない。藪化もしておらずそれなりに人が歩いている感じだ。
 植林地の尾根歩きが多いが、見晴らしの良い西側の皆伐箇所もあった(肝要峠の南か北かは忘れた)。小ピークを越え下っていると、急に道が左へ直角に曲がる箇所がある。直進すると崖、高さ5,6m程度の土の崖とはいえ、うっかり直進して落ちたらヤバイ。ここが馬坂峠で、東西に車幅の道が横切る。東はすぐに林道に出る。西も多少荒れ気味だが幅広く見失うことはない感じ。

 向かいの急斜面を登り尾根歩きを続ける。多少藪っぽい箇所もあるが見失うことはなく、30分ほどで集落への下りが分岐する箇所に出た。道標や祠もあった。この先あたりから林道をすぐ下に見ながらの尾根歩きで、林道を横切る箇所もある。左手(西側)には勝峰山の採石場が見え、深沢尾根が平行して続く。480ピークだかの手前がかなりの急登、その先で林道に出た。ここが現在の肝要峠なのだろう。

 車道の向かい側右手にテープ印がある。そこから登ると尾根道が続く。肝要峠から三室山までは多少藪っぽいところや、急登する箇所が結構ある。これは下りのほうが怖いのでは、バリエーションルート尾根はこれだから一般道にはなれないんだよと思う。左手には金比羅尾根が平行してそびえる。
 三室山646mに近づくにつれ、人声が聞こえてきた。山頂で今日初めてハイカーに会う。日の出山から下りてきたという。梅郷のほうへ下りてゆくが、琴平神社尾根は前回歩いたので、今回は愛宕尾根を下る。しっかり踏まれ完全に明瞭なハイキング道、安心して歩ける。通矢尾根の踏み跡はわかりやすいとはいえ、やはり道確認で神経使ってきたのだなあと実感。奥の院に寄って参拝するが、石の手水盥の水がすっかり凍っていた。道端あちこちに八十八箇所の石仏が並び、その番号を励みにさくさく下る。
 大きな神社に出た。青梅線沿線の町がよく見張らせる。


勝峰山から深沢尾根  2013年1月上旬

コース記録:武蔵五日市駅12:25−12:55幸神神社13:05−登り口13:15−勝峰山13:40−白岩山分岐13:55−真藤ノ峰14:30−金比羅尾根14:55−15:45金比羅神社15:50−北寒寺16:05−武蔵五日市駅16:25

 同じく『多摩の低山』に載る勝峰山を歩いてみた。

幸神神社探しで多少時間をロス
左はこの神社にある国の重要天然記念物シダレアカシアの木
ここから西の谷戸へ入る。集落が終わり配水場を越え植林地に入るあたりで、橋の脇から北の尾根に登った(下)。





 斜面の道はよくわからなかったが、人工林なので適当に直登、尾根に出ると明瞭な踏み跡道(左上)。さくさく行くと倒れた石像の置かれた十字路があり(右上、これが観音様だろう)、その先が勝峰山の展望台だった(左下)。
右下:展望台から平井川沿い集落を望む。手前に採石場、集落奥の尾根が通矢尾根、その向こうが青梅丘陵





 この先は完全に明瞭な道(左上)、勝峰山山頂454mには解説板もあったし、ハイキング道として整備されている感じだ。白岩山がどうこう書かれた分岐箇所あり(右上)、ここからメイン道は南西へ曲がるが、深沢尾根を歩くので北へ急降下、道はすぐに西へ向かう。
 ここも砕石場上を通る尾根道(左下)。





 真藤ノ峰534mを過ぎ(この前後急な登りや下りがある)、右側に日鉄鉱業のフェンスの張られた道をしばらく行くと、金比羅尾根道にぶつかった(左上、深沢尾根への分岐が塞がれている)。
 金比羅尾根はすっかり踏み固められ道幅も広いいかにもメジャーな登山道。東に今歩いてきた深沢尾根から勝峰山が見える(右上)。
 左下:南西に見える臼杵山   右下:金比羅神社奥社





 左上:金比羅神社境内から五日市の町を望む
 神社周辺は公園として整備されている。樽へ下る道もあるが、東京新聞によれば2012年秋から冬にかけて樽や小中野で親子熊が出没(1頭殺処分)とあったので、北寒寺の上に出る道を選んで降りた(右上)。


日の出山北尾根  2014年11月上旬

コース記録:御岳駅11:40−入り口12:00−13:20日の出山13:35−林道出会い14:20−つるつる温泉14:45

 いちおう、自粛要請コースなのですが、ひっそり歩いてみました。



 紅葉がきれいです



 鳥居をくぐって少し行くと、沢脇に階段がある。なるほど、入山禁止とあるが・・・。地図で見ると岩稜帯も大崩壊地もなさそうだが。
 道は明瞭、さくさく進む。大沢川沿いの集落がきれいです。傾斜は全般にけっこう急。





 ひょっとしてこれか(右上)。西側斜面に皆伐地帯があり、伐採作業等で危険なためハイカーを入山禁止にしたのかも。チェーンソー音のひびく中、その後も淡々と進みます。





 一箇所露岩帯があるが、左に巻き道がある。作業道は人工林内を水平に直進するが、尾根道は右に上がってゆく。あとはわかりやすい。
 左上:露岩帯の先あたり   右上:熊はぎ? 鹿のせい? 一度だけガサガサ何か獣の通る音がした
 右下:御岳山方向が見えます





 正味1時間少々であっさり山頂に出た。左上あたりから出てくる。ここまで誰にも会わず。
 いつ来ても、ここは景色がいいです。





 つるつる温泉へ下りる尾根はまだ歩いたことがないので、行ってみる。
 広くてわかりやすい道だった。





 左上:顎掛岩 日本武尊が顎を掛けて関東平野を見渡したという岩   右上:林道へ下りてきたところ
 橋のたもとに鉄製のカエルやザリガニが・・・







 つるつる温泉は確かに肌がすべすべになる。
 土日はバスに乗り切れないくらいお客がくるらしい。




hidari.gif 八王子(小津美山川口)青梅 migi.gif


東京里山尾根歩き:TOP(町田)  町田2/3/4/5/6    稲城    日野    長沼・柚木    鑓水・七国
片倉・東高尾    高尾/2/3    滝山・戸倉/2/3    日の出    青梅/2    檜原1/2/3    上野原/2
秋山/1/2/3    奥多摩/雲取/2/3/4/5/6    大菩薩/2/3/4    奥秩父/2/3/4/5/6    秩父/2/3/4/5    沢歩き


番外編:川崎/2    丹沢/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/13/14/15/16/17
山中湖周辺1/    六甲/2    八ヶ岳/2/3    鎌倉    月山    富士山/須走
北ア:後立山1/2/裏銀座1/2/槍/大キレット/早戸//十字峡1/2/栂海新道/2/東西鎌/焼岳
常念/徳本/薬師/雲ノ平/神岡新道/笠ヶ岳/ジャンダルム/前穂      中央ア:木曽駒 /安平路
南ア:北岳/南ア縦走1/2/白峰南嶺/仙丈/甲斐駒           林業


徒歩旅行:[四国へんろ][東海道][奥の細道]  川:[国分寺崖線][世田谷の川]
国内: [木藤古/上ノ山/椎葉村] [岩手端神/高知椿山][北軽井沢/小川原湖][ローカル線]
民俗: [木地屋の里][家船の島][銀鏡神楽/西米良][北海道]


 | モンゴル | チベット | ラダック | 東北インド | 中国 | 1999北京 | ミャンマー | 台湾の廟 | 韓国 | 
 | 台湾2009 | マザーテレサ | シッキム | ハワイ | タイ | クルーズ | アメリカ | ドイツ | 小笠原 | 四国へんろ | 国内 |  |
震災 | 雑穀栽培 | 林業 | 就農 | 銭湯記 | 時事/創作 | ミャンマー歌手 |  北京放送 | リンク | 

ホーム    What's New